ロードバイク初心者「ヤビツ峠」を初めて登ってみた2017年の暮れ

2017/12/31 - 22:36    Category: ロードバイク Tag: , ,

先日は関東のローディーで知らない人はいないくらい有名な峠、ヒルクライマーの聖域-サンクチュアリ(?)である、「ヤビツ峠」にやっとこさ重い腰を上げて登りに行ってきました。

ヤビツ峠は怖いところという誤解

ヤビツまでなぜこんなに腰が重かったかと言いますと、TT(タイムアタック)している速い方達がたくさんきっといて、初心者がノロノロ走っていたら、ひんしゅくを買うような雰囲気だったらどうしよう…、というビクビクした気持ちがあったからだったのでした。

しかし、ヤビツの近くに住んでいるNicoさんから

「クロスバイクやミニベロで登っている人もいるし、誤解ですよ〜。登るならお付き合いしますよ〜」

という優しい言葉を頂き、2017年も終わろうという年の瀬に、ヤビツヒルクライムと相成ったのでした。

ヤビツ峠ヒルクライムとうとうスタート

あんまり表ヤビツは昼間っから凍ったりはしないようですが、とはいえ冬でもあるのでちょっと遅めの10時に名古木(ながぬき)のセブンイレブンに集合します。

ロードバイク ヤビツ峠名古木の交差点

名古木は茅ヶ崎からは大体25kmくらい。平塚から金目川沿いを秦野方面に向かって、ゆるゆると1~2%くらいずっと登りながら走ると、名古木の交差点にたどり着きます。

「ヤビツ峠、足付き無し登頂」は今年の目標でもあったので、途中男性ローディー5人組のトレインにちゃっかり乗せてもらい、引いてもらったりもしつつ、往路は飛ばさず足をつかわずゆっくりと進みます。

そして…名古木が近づきつつあると、何だかちょっとドキドキしてきます。最近はできるだけ1回のライドで100km/1000mUP以上するように走ってはきましたが、そういった私の「こっそり坂練習」は、ヤビツ峠に通用するのでしょうか?

「前よりは登れるようにはなってきたかな?」とは思いつつ、期待と不安が入り混じり何だかナイーブな気分に。
予習をした限りでは、ヤビツは最初の住宅街が一番きつく、蓑毛という所がマックスに斜度がきついらしいのですが、そこを超えると5~7%の斜度で普通に登れるとの事。

よし、カメカメヒルクライムを会得したし、ゆっくりでもクランクを回していれば絶対に着くはず。
とりあえず蓑毛までは、慎重によりゆっくり走ろう!

と、心に決め、呪文のように「蓑毛〜、蓑毛はどこだ〜」と地名をチラチラ確認しながら走ります。

そんな私の心労を理解してか、先行してくれているNicoさんが「ここからキツくなりますー」と、わざわざ止まって声をかけてくれます。(優しい!)

ゆっくり。ゆっくり。ゼーゼーにならない速度で、丁寧に。丁寧に。
と登っていると、ググッと斜度が上がったところのバス停に「蓑毛」と書いてあります。少し行くとドーナツ道路に出ますが、そこもゆっくり走って無事に通過。

心の中では、すでに「よし、ヤビツ登頂完了!」くらいの、調子に乗った気持ちになっていますが、まだここからが考えてみたら距離的には長いのです。

自分はちょっとせっかちなので、つい早く終わらせたくなって急ぎたくなってしまうのですが、そんな気持ちを抑えて、丁寧に心拍は上げすぎず、160〜170くらいで。
基本はシッティングで走りつつ、立ち漕ぎも混ぜながらチャカチャカと進みます。

途中、富士山や相模湾も見えて絶景だったのですが、「足付き無し」が今回の目標なので、止まらずに淡々と進んでいきます。そして菜の花台も通過し、残り3km程のところまで到着。

ラスト3kmは気持ちが少しはやりますが、速度的には10km前後しか出ていないので、相変わらずノロっとは登っていきます。が、それでも淡々と漕ぎ続けていると、サーーーっと視界がひらけて、ヤビツ売店が目に入ります。

ヤビツ峠へ登頂完了!

ロードバイク ヤビツ峠

きたーー、見えたーー、ヤビツ峠、登ったぞーーー!とうとう表からきたぞーー!
※前回は裏ヤビツの斜度が緩い方から登った。

ロードバイク ヤビツ峠ヤビツ峠とCAYOちゃん

という訳で、無事に2017年度中に、ヤビツ峠の登頂を完了したのでした。

帰りは「裏」がまだ凍結していないようなので、「裏ヤビツ」から「宮ヶ瀬」経由でダウンヒルする事に。
私は秋用のグローブに軍手を重ねてみましたが、全然ダメで手が寒さでモゲるかと思いましたw

このレベルのダウンヒルになると冬用グローブないとやっぱりダメだな〜。。と装備の必要性をひしひしと感じながら坂を下って、途中暖かいラーメンとプチデザートを食し、家路を辿ったのでした。

ヤビツ峠を登ってみてのまとめ

登ってみると、ヤビツは思っていた以上にはキツい峠ではなく、止まっちゃったらスタートできない程の激坂がある訳でもなく、蓑毛も確かに急っちゃ急だけど激坂ではないし、そんなに長くなく我慢してれば終わるので、そこからは林道になって一部景色が開ける所もあって、10%超える所もほとんどないし、短くはないですが、長過ぎもせず、坂が嫌いになる程しんどすぎもせず、でも楽な訳でもなく、路面もキレイなので、私のような初心者でもヒルクライムの練習をするのに丁度良い所なのかもしれないなぁ、なんて思った2017年の冬だったのでした。

ただ「練習にちょうど良い」とは書きつつ、それでも自分の場合、最初が本当に本当に酷かったので、「やっとヤビツ登れるくらいになったのか〜」と思ったら、少しは成長したな〜、と、感無量感はすごくありました(^^;)

ちなみにタイムはストラバちゃんをやっているので、勝手に取っていてくれて、頂上まで「65分」でした。初心者は1時間ぎりが目安みたいなので、今度は1時間切れるように頑張ります〜。

Comments » | Category: ロードバイク Tag: , ,

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です