ローディーは「渋峠」を目指す

2018/10/01 - 20:59    Category: ロードバイク, 日々

細々と長々続けたこのブログですが、久々にまたもや間がたくさん空いてしまいました。

渋峠とカヨさん。

8年前に買ったMacBookProちゃんがそろそろ限界を迎えていてめっちゃ使いづらくなっていたり、12年くらい前に買ったけど、ここ5年全く使っていなかったiMacをやっとリサイクルで回収に出したりしていて(リサイクルシールがあれば無料ですよ!)、自宅でPCを立ち上げていなかったのが大きな理由なのですが、そろそろ新しいMacを買わなければいいけないかなぁ。。とも思いつつ、次はMacじゃなくてもいいかなぁ、なんてもぼんやりと考えている今日この頃…。

しかし「Nike」がコリン・キャパニック選手を使ってマーケティングを行ない、色々すごい事になったようですが、ここまで強いメッセージを発して、ターゲットである20代のこれからの若者がずっとブランドに対して忠誠心を感じてくれたらそれはすごい事ですよね。

「何かを信じろ。すべてを犠牲にしてでも」

NFLのクォーターバックという地位を犠牲にしてでも何かを信じて貫いたキャパニックの抗議運動。
そしてそんなキャパニックを起用したNIKE。凄いです。

日本にいると、人種間の社会問題というのは、自分ごととして感じる事は中々難しいですが…。
昔から単純なので、やはり胸熱になってしまう今日この頃。

何を言いたかったかっていうと、まだ若者だった自分もAppleからの熱いメッセージを受け取って20年以上Apple製品をずっと買ってきたという、いい見本がここにいますよ、という話しだったのでした(^^;)

そんなこんなで、またもや意味のない前段から始めてしまいましたが、ロードバイクで「白州バイクロア」に行ったり、渋峠に行ったり、富士山の五合目まで行ったり、キャンプに行ったり、キャンプに行ったり(2度書く)ぼちぼち書きたいこともあるのすが、中々キーボードが進まず、秋になってしまいました。

デカMINIちゃんとキャンプ
ハンモックでぐーぐーしている所を激写された図。

以前は、「大きいMINIなんてMINIじゃないじゃん、邪道よ」と思っていたのですが、キャンプしたり自転車を運ぶようになったら、手のひらを返したように、デカいMINI(MINI CrossOverの事ですw)もいいね!と、言い出した今日この頃。

そういえばMINIも20年以上前から好きで乗って見たくて、40代になってからゲットしてしまいました。もうローバーじゃなくてBMWですが…。ブランドの好き嫌いって、人の気持ちって面白いものです。

※かつての(1964/67年)モンテカルロラリーで優勝したMINIを運転していたドライバーパディ・ホプカーク氏とラウノ・アルトーネン氏が今のBMW MINIを駆って、チェルニ峠を楽しそうに走らせる動画(MINI公式)があるのですが、これも胸キュン。

しかし、デカMINIちゃんの上には‎Thule(スーリー)のキャリアまで積んであって、何だかリア中でキラキラしていて、余裕がある人のように見えますが、全くもっていろんな意味で余裕はなし、という事で、今度から自分も見た目でキラキラ度は判断しないように頑張ろうかと思いました。。。

と、全くもって取り止めはありませんが、何とか生きております。
とりあえず今月はとうとう、自転車の聖地「しまなみ海道」にいく事になり、秋の陽気に誘われて瀬戸内海の島々を巡る。なんて素敵なシュチュエーション。キラキラしてくるぞ!と、そんな秋の決意だったのでした。

Comments » | Category: ロードバイク, 日々

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です