日常とそして「食べる」という事

昼スタバ

そういう訳で、先週は休みが1日しかないにも関わらず「御殿場」まで出かけてしまい、掃除が滞り部屋が荒れ気味だったので、今日はマイルームから自宅の共用スペースを頑張ってお掃除いたしました。ピカピカッ!てほどではないかしらん…。

そして午後は読書タイム。

昼スタバ

今日は朝スタバならぬ、昼スタバ。
しかしここのスタバとても寒くて、1時間本を読んでいたらかなり凍えてしまいました。寒い。
どっかでスタバを「MacBook Air」を見せびらかす場所だ、って誰かが書いてましたが、「私のはMacBook Proだよ!」と思いつつ、Proってちょっと重くて持ち歩くと結構しんどいですよね、確かに見渡すと銀色のノートをパカッって開いている人がスタバって多いです。何でだろ?

サイトにもよりますがざっくばらんにいくと、OSのシェア的には「Windows」7割「MacOS」1割、「Android」「iOs」あわせて2割くらいのアクセス率が大体平均なのかな〜という把握なのですが、そのたった「1割」がスタバにたくさんいるって凄い事なのかも。

そんなこんなで、またどうでもいい話題にいってしまいましたが、このブログ自体がどうでもいい話題ばかりなのは秘密ですが、いい塩梅に身体も冷えきった所で、今週の食材を求めに野菜はJAさがみの「わいわい市」へ。

ちなみにJAとは

JAとはJapan Agricultural Co-operatives(日本の農業協同組合) の略で、新しい農業協同組合(農協)のイメージを象徴する愛称として1992年4月から使用しています。

との事だそうだ。

そんな「JAさがみ」が主催されているマーケットが「ワイワイ市」でございます。いつもかなり賑わっておりまして、地元の農作物がたくさん買えます。
地産地消されたい方にもおすすめです。私は米も神奈川産のレンゲ米をよく食べてます!生まれも育ちも神奈川ッ子なので。

ちなみにレンゲ米とは

れんげ米とは、「れんげ農法」という昔から伝わる栽培方法で作ったお米です。
れんげ農法は、苗を植える前にれんげ畑を作成して、自然の窒素を土壌に発生させ、それを有機肥料として利用します。そして、れんげが発酵することにより「土」を活性させ、稲を自然のまま、元気に育てることが出来ます。
れんげには空中の窒素を根に取りこんで貯め込む力があり、稲が必要とする窒素成分を含んだ元肥となり、土壌に力がつき強い稲を作ります。また、マメ科の植物なので、根のまわりに「根粒菌」と言うものがあり、それが空気中の窒素を直接栄養にしてくれます。

また、毎年10アール当たり2トン以上のれんげを作る為に、れんげの種子は通常のれんげ畑の2倍ぐらい蒔きます。だから、一面れんげ畑になるのです。
そのれんげが肥料の役割をしてくれるので、農薬や化学肥料を極力使用せずにお米ができるというわけです。

米自慢.com様より引用させてもらいました

との事です。一面レンゲ畑の後に「お米」が取れるって凄いです。見学してみたい…。

余談ですが、神奈川産【平成24年度】食品中の放射性物質検査結果はこちら
※神奈川県のサイトにとびます。

そして今日は、イチゴからみかん、野菜をたくさんカゴにつめて帰宅しまして、イチゴは「ジャム」を作ろうと思い、いっちばん安いのをたくさん購入してきて、冷たい水で洗いイソイソとヘタを切ってカゴに入れておいたのですが、家族がみなジャムよりそのままイチゴちゃんを食べたがり、大量のイチゴは煮込まれる間もなく、あっという間に消費されてしまいました。イチゴ大人気!みかんはもう高いね!

後はは生クリームも購入し、泡立ててホットケーキの上に、生クリームとイチゴものせて、晩ご飯の後にスイーツとして食べてしまいました。明らかに炭水化物&カロリー摂取オーバーです。
カツヤ(←娘のあだ名)も私と同じで生クリーム大好きなので「ナマラー1号」(私)「ナマラー2号」(カツヤ)としてたっぷり食べてしまいました。あかん…。親がこんな事してたら娘だってそら〜美味しく食べちゃいますよね。でも美味しかったです。ちなみに「エッグスシングス」に対抗して作ってます。(何で対抗?)

甘い物には弱いのですが、もう少し強くならんといかんな〜と思う今日この頃ですが、人類の歴史の中でこれほどまでに甘いもの食べてる人間って、マリーアントワネット以来?というのは冗談ですが、ここ100年ほどで、急激に変化を続けている食生活に人間の身体ってそう簡単には対応しきれないんじゃないかな〜とよく考えたり致します。
娘にも「動物は空腹な状態なのが普通で、人はお腹を満たすために生産活動を始めた、だから食っちゃ寝ばかりするのはおかしい(カツヤはよく食っちゃ寝している)、「生きる」ためには「自分を生かす」行動が必要なんだよ」と謎の説明をし始めてみる母。そんな会話は唐突すぎて思春期女子の心にはまったく響いておらず、カツヤはたらふく食べた後は嬉しそうにミルクティーを飲みながら、30分くらいずっと大声で歌っておりました。
そんな平凡で平和な日常生活。平和って素晴らしい事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Scroll to top