いつかはルブダン

ルブダン

そんな訳で合い言葉は「いつかはルブダン」を掲げつつ(誰と?)すでに10年弱。

ハイヒールが好きで愛用しつつ、結局「ルブダン(Christian Louboutin)」まではまだまだいかず、残念ながら普通の日々を過ごしております。

※ルブダン(Christian Louboutin)。真っ赤な靴底が特徴のハイヒールメインのブランド
クリスチャン・ルブダンさんがデザインしている。

何で「いつかはルブダン」なのかといいますと、憧れてはいるのですが、収入も外見も追いついていないのに、履いてるとかっこ悪いな〜と思ったからでして、まだまだ追いつくのは難しいかもです。
しかもルブダンの靴は通勤とかで歩く用の設計ではなく、ベッドルームやパーティーなどで使う様に作られているようで、移動は運転手付きの車かタクシーなどをご利用の方に向いている様でございます。笑

ルブダン
↑こちらはパリでスクーター(ベスパ?)に乗っているルブダン

ルブダン/木型
↑ルブダンの工房の木型らしい。Audrey Hepburn(オードリーヘップバーン)と書いてある。

ま、まあ、そんなドリームは横においておきまして、やっと秋冬と春夏のクローゼットの衣替えを実施いたしました。

今年は冷え込むのが早かったので、秋冬モノを見ると「いいな〜欲しいな〜♥」とうっとりしてしまいまして、3連休の初日は美術鑑賞がてら六本木に遊びに行った際、ブラブラしながら秋冬モノをやっぱり観賞(あくまで買い物ではなく観賞)してうっとりしながら、色々欲しくなってしまったのですが、予算は潤沢にある訳ではございません!(キッパリ)

国立新美術館
↑某美術館

まず例年必ずやるミッションとしましては、昨年のアイテムを全て出し、吟味し、痛んだものは手入れをし、「2年」袖を通していないものは、全て古着屋さんに持ってゆき、その上で足りないアイテムやどうしても欲しいものを購入したりしております。

そこを通過しないと新しいものは決して買わないよーにしておりますので、今年はやっと3連休に年中行事を済ませる事ができました。

という訳で今年絶対に必要かと思われたのは「黒の定番ブーツ」です。
私はスカートが大好きなので、極寒の中でもスカートを良く履きまして、黒のロングブーツは冬の耐寒アイテムとして必須。
しかし昨年までのヘビーローテーションしていた黒のロングブーツが大分へたれてきてしまっておりまして、今年はとうとう新しい黒いブーツを買い足す事に。

靴は好きな方だと思うので、自分なりに手入れはしているのですが、どうしてもヘタってきてしまうのですよね…(´・ω・`)

ちなみに「自由大学」にて靴磨き職人の「明石優」さんが講師をされている「20年履ける靴に育てる」という講座を数年前に発見して以来、参加したくてしょーがないのですが、見るたびに開講が平日の夜で、うちの職場から平日の夜に三宿にある「自由大学」に行くのが難しく断念しております。

また友人の旦那さんが、都内の埼玉寄りの場所で「靴作り」の会社をしておりまして、「靴職人」になりたくて、師事を申し出た事もあったのですが、結局距離と仕事と私生活の兼ね合いで両立が難しくこちらも断念してしまったのですが、そろそろ私の場合は子育てと仕事の両立をしなくてよくなってきたので、もう少し好きな事をやりたいな〜と、むくむくそんな気持ちがわき上がってもいたり。

また横道に逸れましたが、そんな訳で今年はここ4年程ずっと欲しかった「wanda landowska(ワンダ ランドフスカ)」さんという、国内で作っているブーツを購入いたしました。
まだまだセールには早いですが、こちらのタイプは結局セールに出てるのをみた事がなく、絶対必要なものだったので、シーズン前に買ってしまおうかと…。

ワンダランドフスカ
wanda landowskaワンダランドフスカのブーツ

ワンダランドフスカ2
wanda landowskaワンダランドフスカのブーツ。もーちょっとアップ

形は定番のジョッキーブーツなんですが、パンチングで穴が開いています。見た感じはちょっとゴテついて見えるかな〜?と思ったのですが、履いてしまうとそんな事もなくすっきり。(多分)

あとは昨年購入した(自称)女優手袋が冬物から出てこず、慌てて探しましたら、普段よく使うものを置いておく戸棚の裏に落っこてしまっておりまして、あわてて救出。

皮革ものは、必ず汚れをおとしてクリームを塗ってお手入れをしてから、しまっているのですが、こちらの手袋はその流れからもれてしまった挙げ句、戸棚の裏に半年お住まい(涙)だったので、案の定悲しい事にカビがうっすらと。

もうどうしようもないので「やっちゃったな〜」と泣きながら、水洗いを敢行いたしまして、綺麗にピッカピッカにした後に、陰干しをして「レザークリーム」をこってり塗りたくり、磨いておきました。これで大丈夫なはず。はず。きっと。顔のお手入れと一緒、という事で…。

女優手袋
↑洗った後の(自称)女優手袋

あとはしわっとなってしまったウール素材の服も全てアイロンをかけたり、出したばかりのヒールにもクリームを塗ってみたりと、そんな毎回手間はかかるけど、何だか楽しい衣替えだったのでした。

おまけ
くつ
↑手入れを待つ靴たち。この中で痛みすぎてしまったモノは処分してちょっとずつシーズン毎に入れ替えがあります…。やっぱり20年育てたいね…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Scroll to top