手かげんしないしょうがシロップGOLD 作成 & 大掃除完了しました

しょうがシロップ1

いきなりですが「糸井重里」さんが普段作られているという「手かげんしないしょうがシロップGOLD」を作成してみました。

レシピはこちらご覧ください(^^)/

しょうがシロップ1
1.しょうがを用意

しょうがシロップ2
2.しょうがの皮をむいてスライス

3.オーブンで焼く

4.スパイスとキビ砂糖を分量分いれて、鍋で煮る

しょうがシロップ3
5.しょうがシロップ完成!

無事にピリッとからい「しょうがシロップ」が完成したのですが、どうも「カルダモン」が多すぎて、かなりスパイシーに。うーむ。ま、まあそこはご愛嬌という事で次回はもうちょっとスパイスの分量を変えていきます。

なぜこちらのレシピを参考にしたのかといいますと、20代後半から30代前半にかなり「冷え性」に陥ってしまい、自分なりに「冷え性改善」に取り組んでいたのですが、「しょうが」は身体を暖めると有名ではございますが、漢方は「しょうが」は「生」と「乾燥」したものを分けて考えているようなのです。

そして「乾燥」した「生姜」が「生」よりも効果があり

【しょうが(乾燥)の効能】
体を温めて発汗させる
咳を鎮める
健胃などの効果あり

との事なので、以前は乾燥したパウダーの生姜を購入しておりまして、そういう事もふまえて、糸井重里さんのレシピは、スライスした生姜を1度オーブンで焼くので、中々良さそうだな〜と思ったからだったのでした。(←えらそう。すみません、レシピの公開ありがとうございます)

30代後半には、多分もう「冷え性」とまではいえない体質となりまして、大分元気になりよかったよかったなという感じで、あえて意識的に「しょうが」を接種していなかったのですが、朝はよく「チャイ」を入れますし、最近ちょっと胃弱になってしまったので「健胃」の効果を期待して作ってみました。
また自宅で作った美味しいジンジャーエールも飲めるのも嬉しい。

砂糖は「きび砂糖」を使って作りましたが、こちらも「てんさい糖」などの方が良いのかもしれませんが、まー難しい事は置いておいて、せっかく作ったので「しょうがシロップ」大事に使っていきます(^^)/

あまり頭でっかちな制限をかけるより、添加物などあまり接種しないようにしておくと、自分の身体の許容量を超えて食べ過ぎる事もなくなり、身体が欲するものが何となくわかるようになるかな〜とも思ったり。まー過ぎたるは及ばざるが如し。ほどほどが大事ですかね。

しかしちょっと話しは飛びますが、「冬休み」に入り、何故か無性に「フライドチキン」が食べたくなりました。

ラジオを聞いていたら「オレ一年間お疲れ!そんな気持ちで、年末はジャンクフード多くなります」と、丁度ラジオのDJの方が仰っていたのですが、私も全く同じ気持ちになりまして「私、一年間お疲れ!ジャンクフードでも食べよう!」と、心が開放感を求めて体を引っぱりましたが、まあ、そういう時は心に従って、おとなしく食べる事にしております。はい。おいしかったです。

あとは、ちょっと引っ張ってしまっておりました「大掃除」をやっとこ敢行いたしました。
朝は面倒くさい気持ちでいたのですが、体はやっぱり動かしてみると、動かした方が気持ちよかったりもして、カーテンも洗い、気になっていた窓も磨き、窓の桟なども綺麗にして、部屋の空気がキレイになったような気がして、我ながら単純ですが清々しい気持ちに。

大掃除途中
大掃除途中の窓辺。

なんとかキレイになって新年を迎えられそうです。

2014年は30代から40代になった節目の年でもありましたが、怒濤の30代をなんとか乗り越えられて「自分、お疲れ!」と声をかけたい気持ちにもなりました。色々な思いのあった今年ではありますが、2015年も健康で良い年になるとよいな〜と思っております。

皆様も、良いお年をお過ごしくださいませ。

おまけ
スタバ ザッハトルテ
毎年必ず冬に食べる、スタバの「ザッハトルテ」

2014年、最初で最後のザッハトルテとなりました。コーヒーも引っ越して自分でいれるようになってから、あまりスタバにもいかなかくなりました。経済的!(←でもない)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Scroll to top