マルティナのクリーム到着

2011/02/13 - 21:51    Category: オーガニックコスメ Tag:

という訳で、Beauty Center Europe2月6日に注文したマルティナのクリームなのですが、本日無事に到着いたしました。

早い!
今日は13日だから、約1週間程ですね。
ちなみに「shippedメール」からは5日程で到着でございます。
わ~い。

CherryBlossom80-マルティナ到着
ヨーロッパからはるばる到着した箱。

CherryBlossom80-マルティナ到着2
開けてみると…。

CherryBlossom80-マルティナ到着3
アンネマリー・ボーリンドのサンプルと、

CherryBlossom80-マルティナ到着4
オーブリーのローズクリームのサンプル。

CherryBlossom80-マルティナ到着5
そして、マルティナ
ネロリクリーム 50ml
ローズクリーム 50ml
ジンセナクリーム50ml
です。

到着したブツはさっそく昼間出かける前に「ネロリ」を塗り塗りしておきました。
そして現在のスキンケアは一応マルティナの推奨とおり、夜はクリームを塗っていないので、他のクリームはまだ未使用です。

※マルティナでは夜の間は新陳代謝がすすみ肌の細胞再生力が活発するため、クレンジングしたら夜のお手入れは終わり!というのをおすすめしております。

アンチエイジングものを、がんがん寝る前に叩き込むケミカルコスメとは設計思想がほんと違いますね。
とりあえず「ジンセナ」はもうちょっと暖かくなるまで、冷蔵庫か冷凍庫で眠らせておきます。
「ローズ」はどうしようかな…。併用するべきか、もうちょっと寝かそうか。悩みます。開封しちゃったら早めに使い切りたいですしね。

使用感も書きますと、マルティナのクリームは「ラノリン」が特徴かと思います。
ラノリンは「羊の油」なのですが、どのシリーズにもここまで入っているクリームは珍しいですよね。私が知らないだけならすみません。

ですのですごくこっくりしています。

開発者のマルティナさんが幼い頃に、イヌに頬を噛まれ、傷が残ってしまったらしいのですが、お医者さんに「ラノリンを塗っていたらいいよ」、と言われ、傷がある側の頬だけ塗っていたら、塗っていた肌の方がニキビもすっかり無くなりツルピカになったそーな。(←かなり省略)

ニキビを治すために、極力油分を顔に塗らない方もいますが、どんなケアがいいかは本当に一概に言えないですね。

けれど「こっくり」しているからといって、べたべたする訳ではないんです。
朝、メイクの前に塗ってもとても使いやすいです。
マルティナのクリームは「水:油」の配合比率が「50:50」らしく、その配合の妙と、あとは前述しました「ラノリン」の、肌への浸透性が良いという特徴から来ているのかもしれませんね。

冬はスキンケアを終えてから、さらにマルティナのクリームに化粧水を混ぜて、MMUの粉も更に混ぜ混ぜして(私の場合はlilyloloですが)クリームファンデにすると、粉を直接塗るより、全然乾燥しません。

配合料はてきとーで!
マルティナのクリームでやると、保湿力もばっちりなのに、「油つけました!」みたいなベタベタ感もほとんどなくてかなり使いやすいのでおすすめです。
冬はMMUだと乾燥するから駄目な方には、自作「クリームファンデ」混ぜるだけだから簡単ですのでお試ししてみてください~。

Comments » | Category: オーガニックコスメ Tag:

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください