ビンディングで初ライド!プチ峠で泣きを見る。ロードバイク初心者 2ヶ月目

やまゆりライン

先週はとうとうビンディングペダルとシューズが揃い、ペダルを自転車に装着し近所で練習をしたので、今週こそはいよいよ出陣(?)です!いざ行かん〜!

やまゆりライン

結果から書くと、はい、1回立ちごけしました。
やはりか…。やはりやってしまうのか…。

実は今週はかなり仕事で疲れてしまっておりまして、週末はだらりとしたい気持ちもありつつ、せっかく新しいペダルをつけたしシューズもきたので、慣らしライドをしてこよう…。と、重たい体をよっこらせと持ち上げて、まずは茅ヶ崎から二宮にあります、「ブーランジェリーヤマシタ」というパン屋さんを目指します。

そしてこの日はビンディングをつけた初ライドなので、ゆっくり目に進みつつ、停止しそうな時は早め早めにビンディングを外します。左、右、はい、停止〜。左、右、はい、停止〜。左、右、はい、停止〜。

そして発進時は、ペダルが上下どちらかを向いてしまい、でもクリートが入るのは上をきちんと向いている時だけ、そして「上を向いている」事がペダル(左下)を見ないと分からず、↓のようになってしまいます。

はい、発進、右はそもそもビンディングを合わせながら足を乗せているので、問題なくカチリ(←ペダルにハマるとこんな音がする)、左は、ん、、なんかハマりそうなハマらなそうなよく分からないなぁ。。目線を左下にチラリ。アァ、下向いているから上にしないと…。つま先でクルリとして少し回してからカチリ。(←ここまでで時間30秒以上は経過)

こんな感じであまりスムーズに発進できず、発進も慣れないと難しいんだなぁ、なんていう感想を思いつつ、いつものように海岸線を抜けて、大磯からは国道1号線に抜けます。大磯を越えて二宮に入ったら、県道71号を右に入り、県道から少し中に入った道をしばらく走ると、二宮の「ブーランジェリーヤマシタ」というパン屋さんに到着〜。

人気のパン屋さんみたいで、人がたくさんおりました(^^)
(私はというと…。コンビニ補給ももちろんしますが、パン屋さんにはできるだけ立ち寄るようにしています)

そして慣らしがてらではありますが「もう少し走ろうかなぁ」なんて、気持ちが何故か出てきてしまい、そのまま「やまゆりライン」に向かうことに。

※「やまゆりライン」とは、秦野から国府津まで続く広域農道。そこそこの勾配がある峠道。車とかバイクとかロードとかが走りにくるような道。

今思うと、何故まだ慣れていないシューズで峠に行ったんだ。。と自分を問い詰めたい所なのですが、何故かこの時は魔が差したというか、なんというか…、行って見たくなっちゃったのでした。

やまゆりラインやまゆりライン途中の景色

二宮から「やまゆりライン」に来るまでにも坂を登ってはきたのですが、ここからは上り下りがある峠道をヨイショヨイショと進んでいきます。しばらくは快調に進んでいたのですが、真ん中をしばらく越えたところでしょうか…、勾配が急めな所で「あ、ちょっと足つかないとまずいかも…。よし足をつこう。」と左のビンディングを外したつもりだったのですが、どうもうまく外れなかったみたいで、そのまま左にバタン。

おぉ、ブルータスお前もか…。

前も同じパターンでこけたけど、今回もまたこのパターン…。
冷静に考えたら、人も車も自転車も全く周囲を走っていなかったんだから、ブレーキを緩めにかけて少し後ろに下がっちゃってもいいから、ちゃんとビンディング外れてるかを確認してから足をつけば良いだけなのに、我ながらテンパリぶりがうかがえます。。

そして改めてスタートしようとしたのですが、勾配が急目だとビンディングペダルに左足がうまく乗せられず(←表現が怪しい)、中々スタートできません。何度か試して見ますがうまく走らせられず…。

「うーん。止まる時は気をつけなければ、と思ってたけど、坂道発進にもテクニックがいるのかぁ。それは知らなかったなぁ。(←発進できないのは自分だけな可能性も有り)しょうがないから急坂を抜けるまでは歩くか…。」

と、歩きづらいビンディングシューズで坂道をトボトボと歩き、20mほど歩いたでしょうか。勾配が急な所を越え、何とか再スタートする事ができたのでした。

あぁ、なんというドンクサさ。でも、それでも、私にしてはよく頑張った(´;ω;`)ブワッ
つか、なんで今日も坂に行ってしまうのか…。でも坂練習しないと色々遊びに行けないから!(←心の葛藤)

そしてそのまま「やまゆりライン」を越えて国府津を抜けて帰宅しようかと思っていたのですが、途中雨がポツリとしてきてしまい、うーんと思った末に、クルリとUターンし二宮経由で家路についたのでした。(←この時の判断だけはグッジョブ!)

おまけ
二宮のパン屋「ブーランジェリーヤマシタ」さん

ブーランジェリーヤマシタ

ブーランジェリーヤマシタ

ブーランジェリーヤマシタ
パン屋さんですが、カフェも併設されており、雰囲気も頑張って作ってあってほっこりします。
お客さんは地元の方が多いのかな?私がお店にいる間、人が途切れる事がなく、とても賑わっておりました^^

いつか「湘南ライフ・ロードバイク立ち寄りパン屋さん」のまとめページでも作ります…。

2 Comments

  1. しみず
    2017/05/15

    こんにちは。
    だいぶ走ってますねぇ、カヨちゃんと。
    女性で、本格的なサイクラー?ロードバイカー?自転車ラー?なんて呼ぶんでしょう? カッコイイですね~。
    女性のオートバイ乗りより素敵ですよ。
                      ※個人的な感想です

    僕の若かりし日の思い出ですが、
    あれは中学一年のゴールデンウイーク。陸上部に入部したばかりだったんですが、二年生の先輩たちの恒例行事になっていたサイクリングに連れて行かれました。
    何処までか?なんと!静岡市から白糸の滝まで行ってきました。
    今振り返るととんでもない距離です。いつ振り返ってもとんでもないですが。
    とにかく必死でついて行った記憶しか残ってません。
    マシンは当時流行っていた五段変速でフラッシャーって言うウインカーの付いたやつでした。
    ドレミファソっ、ドレミファソっ!って点滅するのです。
    いっしょに行った一年生の一人は途中で泣きました。泣きながら山道を登りましたよ。
    中一の五月なんていえば一ヶ月前はまだ小6ですよ。

    翌日、部活で先生に全員ビンタを食らいました。部活をサボったということで。

    返信
    1. yumi
      2017/05/20

      今晩は。おぉ、静岡市から白糸の滝って相当行かれましたね!
      でもそれでもついて行って帰ってこれたのが凄いです!往復100km以上ありますか??
      自転車がまたいいですね!ウィンカー付き!ちょうどこないだ読んだ「かわうその自転車屋さん」という漫画に出て来てました^^

      私は横浜市で生まれ育ったので、小さい頃は坂だらけの道をゼエゼエしながら自転車こいでいたのをなんだか思い出しました。
      坂が多いので、いたるところの校歌に「丘」とかいう単語がよく出て来たような気がします。

      ロードバイクは何だか特殊な乗り物だと思っていたのですが、乗ってみたら思った以上に楽しいのですが
      体力ないので、やはり坂はきつく。。でもある程度走ると必ず坂が出てくるので、練習しないと色々な所に行けないなぁ、と思いながら、なんとか練習中でして
      もうちょっと乗れるようになったら、自転車を持って電車や飛行機に乗ったりして遠くまで旅に行きたいなぁ、なんても思っているのです^^;

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Scroll to top