エビになったつもり(?)で那須高原を駆け抜けろ!ロードバイク初心者 4ヶ月目

那須

那須

チャリで坂の練習をしたい時は丹沢/秦野方面に行く事が多いのですが、今回のテーマは「旅気分」。
そんなこんなで栃木県は那須高原行ってきました。

那須はロードバイクのイベントが開催されるので、自分が走れそうなレベルのコースのマップをお借りして走ってしまえば良いかな〜と思っていたのですが、意外に(?)東京から那須まで時間がかかる事が判明し、大人パワーという事で「東北新幹線」で乗り付ける(?)事にしたので、停車駅である「那須塩原駅」からライドのスタートをする事に。

東北新幹線東京駅の東北新幹線

そうなると、先ほど書いた地図だとスタート駅が異なってしまいますので、別途初心者でも大丈夫そうなマップを探したのですが、那須は車では何度か行った事があったし同じ関東でもあったので、何となく油断もあったのか、先日も結局残業で早く帰れなったのも手伝って、ルートをしっかり見きれていないまま「まあ大丈夫かな?」という思いで走り出してしまったのですが、結論から書くとギリギリというか若干死ぬギリギリで何とか走り終えられたという、そんなライドでありました。

まあ、やっぱり山です!油断しちゃダメ!(でも本当に)
普段神奈川で行ってる山の入り口くらいとは全然違います!

那須駅から10kmくらいの頃はまだ里山な感じ。

そしてタイトルで書いた「エビになったつもり」というのは、ロードの先輩からポジションについて言われた言葉で、あんまり可愛かったので思わず使ってしまいました。

ボディーはエビで、手は力を入れず添えるだけ。

駅からは緩やかな上りなので「エビ」を意識に入れ、まだ余裕もあるのでお喋りも混じえながら走ります。

まだ余裕がある感じ。

標高が上がるにつれて通常の住宅がグッと減ってきて、どんどん「山の中」という感じになってきます。一応観光地ではあるのですが、しばらくは高原というより「山」。樹木生い茂る木々の中をチャコチャコ上って行きます。そしてどんどん無言になり、出てくるのはゼエハアという息遣いだけ。。。

那須テンパりながらもなんとか撮った那須の風景。ギリギリなので標高が上がるほどに写真はありません。

延々続く上りは、自分の体力のなさや限界を嫌という程突きつけられます。あーーーー本当にしんどい。「血を吐く」って表現を使いたくなります。
「何でまたもや休日にこんな事してるんだろう?」という気持ちがぼんやり頭にもたげつつ、エッサホイサと坂を上って行きます。

そして休憩も入れつつ、最後は歩いてしまったりもしてヘロヘロになりながら、山の中を30kmほど走ったところで、何とか目的地に到着〜〜〜〜〜〜。

あ〜〜毎度毎度カヨちゃん(FOCUS CAYO)には助けられつつでもありますが、私でもこんな所まで自転車で来れるんだな〜と、感無量でホロリ。
上っている時は本当にキツイですが、上りきれると満足感がググッとこみあげます。うぅ。。

そしてお待ちかねのランチを頂きます。

那須のハンバーグ南ヶ丘牧場「庄屋」のハンバーグ

那須のソフトクリーム南南ヶ丘牧場のプレミアムソフトクリーム。
この子はプレミアムと書いてあってめちゃくちゃ濃厚。通常のもあり、こってりとさっぱりで嗜好が別れそうなので「プレミアム」と書くより「濃厚」と書いた方が伝わりやすいのでは?と心の中でツッコミを入れつつでも堪能。

ついつい職業柄「どういう表現でどういうデザインだったら伝わりやすいのか。直感的にわかるのか」を、考えてしまい、こういうのが気になってしまいます。
元デザイナー(現ディレクター)の友人もいたので(そういえば私も元々デザイナーだった!)他にもデザインが気になるところは、ああでもない、こう直したら伝わりやすい、なんて話しもしつつ牧場を観光がてら見学し、モフモフたちにも癒されます。

あ、ハンバーグもソフトクリームもとってもとってもおいしかったです♪
30km山道を自転車で走った後という事もあり、食事の美味しさは本当に半端ないです。

残念ながら(?)あまり景色が開けた所までは行けていないので、ご褒美景色はそこまでなかったのですが、自分の実力ではここが限界かな〜というのもあり、食べて満足した所で下山に入ります。

帰り道は駅までほぼ直線ルートにしてあるので、上りのない下り基調で一気に下りられる予定です。
しかしそもそもここまでの距離(約20kmほど)を延々ダウンヒルした経験もないので、できるだけゆっくり慎重に下ってゆきます。

那須

ゆっくりゆっくり慎重に。ハーーー、それでもほんと下りはボーナスステージです。苦労して上ってきたからこそのこの快感(?)!!

車で下るのと、自らの足で上ってきた自転車で下るのとでは、こうも感じることが違うのかと、「体験」ってほんとやってみないと真の意味での理解にはならないな〜なんて、相変わらず理屈っぽいことを考えつつ、気持ちはとてもウキウキしながら下ってゆきます。

途中道を一本間違えてしまい、最後にまあまあ勾配のある坂が登場し、「坂はもうない」と思い込んでいた自分は心がパキッと折れかけながらも、「ダンシングの練習を〜〜」と思いながらウリャッと坂に進入し、何とか足付きなしでクリア。心の中で自らを褒め称えつつ駅までの道を更に一気に進んで行きます。

そしてしばらくスーパーマリオのボーナスステージの「コイン音」が頭の中に響きつつ(年代が…)、那須塩原駅のお隣駅である「黒磯」というところに辿り着いたのでした。

つ、ついた。。。無事にちゃんとゴールできたよーー。
わーー、本当に、本当に、本当によく頑張った〜〜〜 (´;ω;`)ブワッ

本日の那須高原ライド
▼距離
51.4km
▼最大標高差
492m
▼平均斜度
上り:3.5%
下り:3.9%
▼獲得標高
上り:784m
下り:768m

一応最初に目標としていた平地の100kmは先月クリア。獲得標高の目標は1000mにしていたので、ちょっぴり近づいてきました(^^)

今の自分が「どのくらいの斜度でどのくらいの距離なら走れる」というのも改めて認識する事が出来て、今後のルートの参考にもなりそうです。
つか、走っていればいつかは少しは坂を走れるようになるんだな〜、なんて感慨もすごく深くて「一つのマイルストーン」にもなったな〜なんて思った(大げさ?)そんな那須高原ライドだったのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Scroll to top