一夜城ヨロイヅカファームと広域農道小田原南足柄線でスイーツ&グルメライド

一夜城ヨロイヅカファーム

12月のとある週に「一夜城ヨロイヅカファーム」を経由して、女性オンリーの伊豆の伊東まで走るゆるポタライドが開催されました。

一夜城ヨロイヅカファーム「一夜城ヨロイヅカファーム」は鎧塚シェフの小田原にある農場&レストランになります。

が、小田原の「石垣山一夜城」って神奈川の方ならご存知の方も多いとは思うのですが、小高い山の上にあり、はい、プチヒルクライムしないと辿り着けないお店になります!

そして辿り着くまでには、3コース選べるらしく
[1]20%超えの激坂コース
[2]かなり急なドーナツ坂コース(ドーナツがある所は急坂)
[3]ちょっと遠回りだけど、普通の坂コース、4kmくらい(でも10%前後)

この日のメンバー
坂好きのNicoさん、月イチライドのまったりTrekさん、まだロード買って2ヶ月目のCANYON女子と、約1名を除き、街中の坂でも斜度があったり長かったりするとまだキツいかも?というメンバー。

はい!もちろん[3]で登りだしましたが、登りだしてすぐに累々たる死骸が出来ました。
というのは冗談ですが、坂に入って100m登ったか登らないかくらいで、すでに二人は足つき休憩&蛇行運転で、かなりキツそう。

この中で一番峠慣れしているNicoさんは、マイペースで淡々と登って行きます。

私はというと「ペース配分のテストや!」と、意気込んで乗り込んだのに、前々回のエントリーにも記載しましたが、オーバーペースで突っ込んで、ゼーゼーになり悲しく途中一度足付きをしつつ、何とかヨロイヅカファームに到着。

途中、余裕の男性ローディーに笑顔でニコニコされながら「頑張れ〜」と応援されました。

一番緩いコースではありましたが、10%前後で足を休めるところがほとんどないまま4km弱登っていくので、約1名を除きスイーツには簡単には辿り着けませんでしたw

そんなこんなでプチヒルクライムにゼーゼーしつつも、「ヨロイヅカファーム」までは無事にたどり着けたのですが、この日は思った以上に午後から強風になってきてしまったため、伊豆に入ったばかりの湯河原でライド中止、結果茅ヶ崎からは58kmほどの、ショートライドと相成ったのでした。

と、実はここまでが、前段でして(長い!)、まあこの日はゆるポタでしたし、強風だったので、あまり走れなかったのもしょうがないのですが、私はといいますと坂道で途中足をついてしまった事が頭から離れず、この日から「あ〜、あそこでもっとペースを抑えていけば、ちゃんと登れたのでは〜」と、頭の中で何度もモヤモヤしてしまっていました。
そして坂好きのNicoさんは激坂コースも行ってみたかったらしく、はい、二人で翌週「一夜城ヨロイヅカファーム」にまた再訪してしまいました!

湘南地元組なので、この辺りは気楽に走りに行けるので、翌週は朝8:00に大磯の某コンビニに集合し、一路箱根方面を目指します。
そして、激坂コースのNicoさんとは現地集合を約束し、早川の交差点で一旦別れます。

そこから私はソロで先週足つきをしてしまった、[3]の普通コースへ。
「今回こそ」は、と、そろそろっと抑えペースで、ゆっくりゆっくりペダルを回します。
最初から8%で始まり、そこからサイコンの斜度では7~12%を行き来し、ほとんど足を休める所がないので、ゆっくりゆっくりシッティングでコギコギしつつ、少しタレてきたら、ダンシングに切り替えて、力は入れず自重のみ(出来てはいませんがw)でふみふみしつつ、切り替えながらゆっくり進んだら、この日はそのまま無事に登頂!

一夜城ヨロイヅカファームヨロイヅカファームからの景色。

やったー、普通に登れたぞー。でもやっぱりそれでも楽ではなかったけど、何とかなりました。ふー。やっぱりペース配分って大事なんだなー、と改めて実感。

激坂コースのNicoさんも無事に登りきっていて、すでに先にお店についておりました。ロード乗り始めた時期はあまり変わらないのですが、あの坂を登ってこれるって凄いです。ほんと。

一夜城ヨロイヅカファームご褒美のパンとスイーツ。パンもケーキも思った以上に美味しくて、前回もびっくりしたのですが、今回もとっても美味しくてニッコリ。

そして今日もやっぱり色々お話ししてしまい、思った以上に時間をここで使ってしまいましたが、この日はトレーニングも兼ねてなので、一度訪れてみたかった「広域農道小田原南足柄線」へ向かいます。

こちらの道は小田原から足柄まで山の中腹をずっと抜けていく農道で、信号や車通りもほとんどなく、峠というより短い登りでアップダウンが続く全長約21kmの起伏のある道となっています。都内でいうと尾根幹みたいな感じ?尾根幹行った事ないのに書いちゃいましたがw

という訳で、小春日和の冬の田舎道を、よいしょよいしょとアップダウンして行きます。

一夜城まで坂道をすでに登った身としては、足をすでに使ってしまっていて、それなりにキツい事はキツくノロっと走りましたが、個人的にはずっと登るよりこういうアップダウンが続く方が好きで(遅いですが。。)細かいギアの操作、どこで立ってどこで座って、ペダルの回転はどのくらいなら一定になるのか、など結構考えながら走るので、そういう事が楽しく感じるみたいです。

多分ずっと続く坂道でもそのように走れる脚力があれば、もっと感じる事は違うとは思うのですが、何分今は低いギアを2~3段変えながらノロノロっと登るので、あまりギア操作がないのです。。(TT)

一夜城&小田原南足柄線
この日のルート。最初の小山が「石垣山一夜城」で、その後のアップダウンが「広域農道小田原南足柄線」になります。

そんなこんなで小田原からだと、終点は「南足柄市運動公園」になるのですが、この日は足柄にあるアサヒビール工場のレストラン「アサヒビール園 神奈川・足柄店」でランチを食べよう、という事になっていたので、運動公園に着くちょっと手前の車が通れるか通れないか微妙な畑道を右折します。

ここはみかんの収穫に来る人以外は通らないのでは?というすっごく細い道だったのですが、知らない山(畑か?)道を走るのは冒険みたいで、ちょっぴりドキドキしつつ、しばらく走ると無事に「アサヒビール園 神奈川・足柄店」に登場!

あ〜、しんど。これ3ヶ月前でも絶対に走りきれてなかった。よく頑張った自分、とまたもや自画自賛モードに突入しつつ、ランチに向かいます。
ここは結構人里離れた所で、道中車などほとんど見ずに、すでに14時近くになっていたにも関わらず、レストランに入るとかなり人がいてびっくり。地元の人に愛されているお店なのかな?

足柄牛ハンバーグこの日は地元足柄牛のハンバーグのランチを食べました。うま〜。

しかし…、前まではちょっとキツ目のライドだと、全然固形物が食べられなくてゼリーのお世話になりっぱなしだったのですが、最近はしっかりご飯が食べられるようになってきました。身体が慣れてきたのかも。

レストランの駐輪場で、一人で来られたローディーの方がいたので、少しコミュニケーションなんかも取りつつ、冬のライドは陽が短いので、ここからは最短ルートで家路に向かいます。

シャカシャカ漕ぎつつも、この辺はやっぱり地元感があるので、あまりアワアワしないな〜なんて思いつつ、国道1号に出て、Nicoさんとは平塚で別れつつ、そこからは茅ヶ崎の自宅まで10kmほど走ってこの日のライドは終了です。

帰宅後サイコンを確認したら、計ったように「距離101km、1000mアップ」のライドになっていて、ちょっとおかしかったのですが、それなりのペースでそれなりの距離を走って登ったので、くたっとちょうど良い疲労感のライドとなったのでした〜。

と、書きつつ、後日譚として、最近全然痛くならなかった、左膝の上部が痛くなってしまったので、ちょうどよかった訳ではなくそれなりに負荷がかかっていたようで、膝を変にあげてペダルを踏んでしまっていたみたいでした。ちゃんと坂ではお尻〜股関節を使って回せるうように、負荷がかかったり疲れた時こそペダリング気をつけないと、と思ったりもしつつ、今後の課題として気をつけてみます〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Scroll to top