もはやブルベ? ロードバイク初心者、湘南から浜松まで200km走ってみる

2019/01/06 - 19:15    Category: ロードバイク Tag: , ,

はい、いつまで私は「ロードバイク初心者」と言うべきなのか悩む今日この頃なのですが、出せる速度が、うん初心者だよね、とも思う2019年。

そんな新年走り初めは「湘南から浜松 200kmライド」に行ってきました。

ロードバイク人生初の200km越え

未踏の距離「200km」。それってもうブルベ(※)じゃん、とも思いつつこの日のコースはこちら。

距離:200.02km、獲得標高:1,081m、移動タイム:9:28:37

神奈川県は「国府津」からスタートし、「静岡県浜松市」までを走り抜けるルート。
箱根越えの方が一般的なようですが、前日の寒波により箱根が積雪凍結のため、246号の御殿場迂回ルートとなりました。

今回、かつて走ったことの無い距離のため、前日はとても緊張しましたが、幸いにも連休中のため睡眠も栄養もたっぷり、そして慣れている方にひいてもらえる、といった好条件でチャレンジできたので、なんとか走りきる事が出来ました。あー、良かった。もちろん滅茶苦茶疲れましたが。。

※ブルベ(仏:Brevets)とは、タイムや順位にはこだわらず、制限時間内での完走を認定するロングライド(200〜1400km)のサイクリングイベントになります。

冬の超ロングライドは寒さ対策から

この日のライドは、朝の6時から夜の9時まで、休憩を挟みつつ走り続けました。

速度は遅いため、純走行タイムをSTRAVAでみると「移動タイム9:28:37」、そして冬は夜明けが遅く日の入りは早いため、まだお日様が出ていない時間を、走行時間の4割くらいは多分走ったのかな〜、と思います。

夜の走行経験の乏しい自分は、あまりこの事に対してピンときていなかった為、普段の冬のロングの装備(朝6〜17時で100kmくらい)で行ってしまい、夕方の17時から到着21時までは特にメチャクチャ寒く、駅に到着後は暖かい場所でダウンを着ても、2時間くらいは身体に熱が戻らず震えが止まらない状態に。

真冬の夜の装備」に対して考えが全然及んでなかったな〜、と、色々反省をしました。

走っているときは夢中だったので、そこまで寒いと思ってはいなかったのですが、思った以上にかなり冷えて消耗していた事に気付かされました(^^;)
やはり経験しないとわからない事がたくさんありますね。。

自転車注意! 静岡は走りやすいけど、走り難い、そんな不思議な地

そして静岡県なのですが、普通に「西」に向かうなら、天下の国道1号(東海道)を走っていけばよいのでは〜?と、思いがちですが、それはあくまで「自動車」での移動の場合。

自転車では、国道1号をそのまま行ってしまうと、自動車専用のバイパスなどになってしまい、迂回路を求めて彷徨う羽目になってしまいます。
神奈川でいうと、「横浜新道」や「湘南バイパス」などがそれに当るかと思います。
しかし、神奈川のイメージで行くと、静岡の迂回路はもっと全然わかり難いです!!

今回は経験者の方に先導してもらったので、スムーズに走って行けましたが、知らなかったら「え?!ここ通っていいの?ここ行くの?」と行った迂回路もあり、中々普段通らないような不思議な箇所も通り抜け、なんだかとっても楽しかったのですが、初めて行く方はご注意くださいませ〜。

なお、私はサイクルコンピューターはGPS付きの「Wahoo ELEMNT BOLT」というのを使っておりまして、以下の地図をサイコンに入れて、参考にしながら走らせてもらいました。

ルートラボ「小田原から浜松」

今回お正月に敢行したので、大型車が殆どいなかった、三島から殆ど平坦、路面もそこそこ綺麗で、「道の謎」さと「向かい風」以外は静岡はとても走りやすかったです。

「向かい風」に関しては、この時期は西風らしく、場所によってはかなり辛かったです。ひどいときは20km出るか出ないかで進行。風速10m(体感値)はあったのでは? 向かい風はいつでも自転車の大敵です。。。

平坦への苦手意識を克服せよ

と、先ほど「平坦で走りやすい」とは書いたのですが、自分は平坦路がうまく走れない、と、書くと大変抽象的なのですが、身体を使うのが下手なので、裏テーマとしては「平坦路克服」として、体幹とか身体の使い方、グループライドの走り方などなど、色々考えながら走ってみました。
少しはマシになったかしらん。。と書きたい所ですが、全然まだまだなので「平坦路克服」は今年のテーマとして意識していければ。。とも思っております。

なお「克服」=「速く走る」ではありませんので、そこはご留意いただければと。。。速く走れるならそれに越したことは無いのですが。。

超ロングライドを体験してみて

・真冬は寒さに気をつけよう
・ペース配分は注意しよう
・休憩大事
・無理せずマイペースで

200kmで超ロングと書くと怒られちゃいそうですが、100〜150kmを日帰りロングの一定の基準とすると、頑張る距離になってくるかな、と思い記載させてもらいました。

また、静岡は平坦と先ほど記載しましたが、掛川に入る前に「金谷峠」というところがあり、自転車は一国に入れないので、こちらを迂回路として峠越えをいたしました。

車も殆ど通らず、もちろん歩行者もおらず、2台の自転車が出来る限りの灯を点し、真っ暗な山の中を黙々と走り抜けたのですが、今まで2年自転車(ロード)に乗ってはきましたが、夜の峠越えは初体験。

何とも不思議な光景で、どこか異世界にさまよい混んでしまったかのような、夜になると脳みそも疲れて、ハイテンションになってもきますし、昼と夜でこんなにも違う世界として感じるんだな〜(200km近く走ってきたのもあると思いますが。。)と、とても不思議な気持ちになりました。

女性のブルベライダー(ランドヌーズ)が、増えてきている、という記事も読みましたが、何だかわかる気もいたしました。

今までブルベに対して「なんでわざわざそんな辛いことするの?」と思っていたのですが、ちょっと興味が出てきてしまいました。あ、どうしよう。

そして黙々と速い人について走ったので、写真は全くと行っていいほどないライドになったのですが、初の200km越えとして記念エントリー(^^)/

今年も無事故で安全に、家を出た時と同じ状態で戻れるように意識して走れれば、と思っております。

おまけ
えぼし岩茅ヶ崎のサイクリングロードにあるえぼし岩とポメちゃん

Comments » | Category: ロードバイク Tag: , ,

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください