WordPress サーバー移転しました

phpMyadminエクスポート

先日の続きです。

という訳でミニムが夜かなり重いので、サーバーの移転をいたしました。こちら移転に関しての覚え書き。

——————————————————————–
——————————————————————–
旧:ミニム minim
新:ミニバード minibird
——————————————————————–
旧サーバー環境:ミニム
PHP 5.3.13
MySQL 5.5.24
WordPress 3.5.0
——————————————————————–
新サーバー環境:ミニバード
PHP 5.3.3
MySQL 5.0.77
WordPress 3.5.0
——————————————————————–
ローカル環境(わたし☆)
Mac OS X 10.7.5
ブラウザ:Safari 6.0
CMS:WordPress 3.5.0
テキストエディタ:CotEditor 1.3.1
——————————————————————–
——————————————————————–

先日も書きましたが、とりあえずWordPress自体のバックアップとMySQLの中のデータベースのバックアップをとります。
WordPressはFTPソフトでWordPressをルートから全部ダウンロード。

そしてダウンロードした「WordPress」を新しいサーバーにアップロード。
何故これをやるかといいますと、レンタルサーバーが用意している自動インストールツールなどで、「WordPress」を入れてしまうと、バージョンもずれちゃうし、テーマを入れ直さないといけないし、プラグインなども全てバージョンを合わせての入れ直しが必要になり、そちらの方が大変かと思われるからです。

データベース内は、「PHPMyadmin」でデータをエクスポートいたします。
ミニムには元々サーバーに用意されているので、ミニムのサイトマネージャーから「PHPMyadmin」にアクセス。

「PHPMyadmin」の管理画面から、エクスポートしたいデータベースを選択。(WordPressのデータが入っているやつ)

phpMyadminエクスポート

エクスポートから「全選択」をチェック。
「オプション」では、「DROP / TABLE / VIEW / … 」をチェック。
「ファイルに保存する」をチェックし、ポチッとなと書き出し。

これで今まで書いた記事など全部エクスポートできました☆

その後「テキストエディタ」で、エクスポートしたファイル(「○○○.sql」となっているはず)を開き、新しいデータベース名、そして以前のサーバーのURLを新しいサーバーのURLへと書き換えてあげましょう。

こちらのブログの場合
旧:http://chbl80.latte.es/wp1/
新:http://chbl80.minibird.jp/wp1/(←修正有り。後述)

になります。独自ドメインを使っているので、見ている方がアクセスしているのは「http://chbl80.me」というURLになっていますが、レンタルサーバーから割り当てられている実際のドメインは上記になります。(←修正有り。後述)

/wp1/は「WordPress」をインストールしてあるルートフォルダになります。こちらはWPをインストールする場所によって異なりますので、ご自身にあったディレクトリに変更してくださいませ。

私は「CotEditor」を使用して、「○○○.sql」ファイル内を全置換いたししました。「me」では重すぎて動かなかった…。

次は新しいサーバー(この場合ミニバード)のサーバー管理画面にアクセス。
探してみると、左のサイドメニューに「データベース設定」がありますので、こちらをクリック。
最初はまだデータベースが無いので、メイン画面のタブより「MySQL追加」で新しいデータベースを設定。
データベースに名前つけます。
その後またまたタブメニューより「MySQLユーザー設定」を選び、ユーザー名とパスワードを設定。

ここまでしたら、またまたミニバードにも「PHPMyadmin」がちゃんとインストールされているので、タブより「PHPMyadmin」にアクセスし(ここでアクセスするのに、上記設定したユーザー名とパスワードがいります)、管理画面より先ほど書き出したデータをインポート!

PhpMyadminインポート

無事にインポートできたら、もう一つ設定がありまして、先にアップロードしてあります「WordPress」ですが、このままだと新しいサーバーのデータベースにアクセスできませんので、「WordPress」のルート直下にある「wp-config.php」を書き換えます。

書き換えが必要な箇所は
define(‘DB_NAME’, ‘先ほど上でつけたDB名’);
define(‘DB_USER’, ‘先ほど上でつけたユーザー名’);
define(‘DB_PASSWORD’, ‘先ほど上でつけたパスワード’);
define(‘DB_HOST’, ‘ミニバードのデータベース設定欄に記載のあるデータベース名’);

上記を書き換えて、「wp-config.php」を同じ場所にアップロード。全てのファイルはいじる前に、ローカルにバックアップするが吉。

これで新しいサーバーの「WordPressブログ」にブラウザでアクセスすれば、以前のサーバーのように見えているはずです。

いざ!緊張の瞬間。

↑若干プラグインの設定やデザイン表示がおかしくなったりしています。笑
中々全く同じには難しいですね〜。
デザインはCSSの方かな?確認してまた修正してゆきます。

という訳で、動作確認をとってから、独自ドメインを新たに浸透させようと思ってから気付いたのですが、ミニバード minibirdは、独自ドメインを設定してから、新たに独自ドメイン用のサーバが用意されて、そちらにファイルをアップロードすれば独自ドメインが使える設定になっていました。

chbl80.minibird.jp ←割り当てられている元々のドメイン
|
chbl80.me

「chbl80.minibird.jp」がルートになり、そこの直下のディレクトリに、ドメインを割り当てるのではなく

chbl80.minibird.jp – chbl80.me

という形でディレクトリを設定し独自ドメインを割り振る様です。
そうしますと、最初に「WordPress」をアップロードした

chbl80.minibird.jp
|
wp1 ←これ

のディレクトリに「chbl80.me」を浸透させるつもりだったのですが、そういう仕様ではないので、新たに独自ドメインの設定をしてから、chbl80.meというサーバーが作られるので、そこにFTPにて改めて「WordPress」をアップロードする事になりました。
マルチドメイン対応みたいですので、みんなそうなるみたい。多分。
サブドメインに関しては、今度使ってみてどうなるかやってみます。

しかし、これではIPアドレスがわからない限り、ドメインが浸透しきらないと、新しいサーバーで稼働させるのに、動作確認が取れないような?
これは自分のブログなので、テストもかねてざっくばらんに動かしましたが、クライアントさんとかで稼働中のサーバーだとそうもいかないですよね。うーん。探せばどっかに書いてあるのかなあ。

とりあえず現状は2~3時間程で新しいサーバーにドメインも浸透し、動作も今の所大丈夫のようです。

あ、あとドメインを取得したところで、私の場合は「ムームードメイン」ですが、そちらのコンパネで、ネームサーバーの設定の変更もいたします。ネームサーバーはサーバーから指定がありますので、そちらを使います。

これで大体移転は完了かな、と思います。気付いた事があったらまた追記してゆきます。
取り急ぎ夜は新しいサーバーの方が軽いです。よかった…。

あ、あと「BackWPup」というプラグインを使うと、WordPressからデータベースまでどちらのバックアップもとれるみたいです!凄いね!「DropBox」とかに自動で書き出せるみたいなので、今度試してみたいと思います♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Scroll to top